誰にも相談できない不倫。これって悪いこと?私の考えです。

私は拙著『ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる』の中で、
かなり長い間不倫をしていた女性について、彼女の生き方を肯定的に書いています。
そのせいか、私の個人カウンセリングを希望してくださる方には、
不倫で悩まれている方が時々いらっしゃいます。

このサイトで初めてご紹介した、架空のカウンセリング物語も、不倫をテーマにしていますが、
不倫について、どう考えたらいいのか?という質問をいただくこともありますので、
ここで私の考えを書いておきたいと思います。

不倫について、いい悪いを超えたところにいく

拙著の中で、私があえて不倫をテーマにしたのは、
基本的に、正しい、正しくないという論争に入り込んでしまうと、「正しくないこと」
で片付けられてしまうことだからです。
正しいのか、正しくないのかという見方をしたままでは、
その中での学びが見えてこないと思うのです。

拙著に出てくるエピソードについては、ここでは詳しくご紹介しませんが、
簡単にいうと
同じ一人の男性と、とても長い期間不倫の関係にあったある女性が、
罪悪感や悲しみ、不安などととことん向き合った結果、
彼との関係を続けていくと決めたというエピソードを書いています。

今まで不倫について悩まれてこられた方々は、カウンセリングなどにいくと、
すぐにお説教されてしまったり、それは悪いことだと諭されてしまったようです。

そんな本人だってわかっていることを
言われても困りますよね。
悪いとわかっているから、誰よりも悩んでいるのに。

私は基本的に、正しさは考えません。
そこを考えるよりも、なぜその人なのか、なぜ不倫なのかを、いい悪い関係なく
見つめていくことで、その人の心の奥にある願いが見えてくると思うのです。

正しい、正しくないという一般的な意見が、私たちが見つめるべきことを邪魔してしまうのですよね。

では、そこで見ていくことは?というと。

本当に好き。その思いだけは大切にすることはできる。

彼が好き。
周りに避難されようと、自分でも自分を責めていようと、
その思いを大切にすることはできますよね。

それが誰かの旦那さんであっても、誰かのお父さんであったとしても、
反対に、自分に夫がいても、子どもがいても、
人を愛すること自体は素敵なことです。

だとしたら、好きになったということだけは、自分を責める必要はないですよね。
好きという感情は、コントロールできるものでもないのですから。

自分自身が、その思いを大切にしてあげることで、もう少し客観的な視点も芽生えてきます。

なぜ、この人なんだろう?

客観的な視点が持てるようになると、
なぜこの人でなくてはいけないのかについて、考え始めることができます。

人によっては、父親の愛情を求めているからこそ、彼に父親を重ねてみてしまうこともありますし、
自分が一番に選ばれるはずがないと信じていたら、二番目になることが普通のことのように思えていることもあります。
自己価値を低くみている人は、あえて自分が一番に選ばれない恋愛に進んでいくことがありますし、
不倫でなくても、好きになる人がいつも、自分を大切にしてくれなかったり、彼女がいたりします。
最終的には別れるとわかっていても、ある一定の期間だけ、彼との関係を持つことで、得られる学びみたいなものがある人もいます。

父親との問題、自己価値の問題など、
自分の課題が見えてきたら、そこをせらぴーなどをしながら、乗り越えていけばいいのです。

最終的には自分への責任として考える

その相手との学びもある、という話をすると、
じゃあ、不倫にもいい不倫があるんですか?と聞かれることがあります。
最初に書いたように、いい悪いを超えて考えているので、いい悪いは関係ありません。
また、
「じゃあ、こんなに好きなんだし、別れなくてもいいのね」
と安心してしまう方もいます。

でも、結局のところ、自分で受け入れないといけないことは、その結果がもたらす責任です。

拙著で書いた女性は、
自分の人生を責任持って生きていく覚悟を持っていました。
相手の家族のことや、自分の母親の気持ちなども、たくさん苦しんで悩んだ上の結果です。

だから、彼との関係に学びがあって、その関係を続けたとしても、
彼とは結婚できないのなら、その後、誰かと結婚したいと願ったときに、もっと早く別れていればよかったと
思うかもしれません。

今は、甘えていたいと思っても、父親と重ねていただけなら、本当の問題を乗り越えて、
ちゃんと結婚できる人と恋愛したいと思うようになるかもしれません。

彼と一緒にいると決めるからには、その結果起きることを全て引き受けなくてはならなりません。

今は楽しくても、彼と結ばれることを夢見ていても、うまくいっても、いかなくても、
いろいろな思いを持つこと、
未来に起きることも全て、自分の責任になるのです。

必要な課題を乗り越えていくこと、そして責任を持つということを、
一緒に考えながら、私は彼女たちが決めていくことを、いつもサポートしています。

メッセージ

不倫という経験を、心の成長に変えるためには、
自分をただ責めるのではなく、自分の課題と責任を考える必要があります。

不倫を勧めているわけではありません。
それを選ぶ本人が一番辛いわけですから、その一歩手前にいて、しないで済むのなら、
そのほうが個人的にはいいだろうと思います。

でもそれが起きてしまったら、自分のために学びに変えてもらえたらいいなと思います。

お読みくださりありがとうございました。

関連記事

  1. この年になって結婚できていない人は、人間的におかしいという呪いの言葉は…

  2. 結婚するために実家を出たほうがいい?でも今さら出るのもね・・・と悩んで…

  3. 大好きな人と、ついにお別れする時がきた・・・

  4. あなたのこれからの人生の始まりを、大切にして、新しいストーリーを作るた…

  5. ほんのもう少しだけ、自分を愛してあげて。他の誰かを愛さずにはいられなく…

  6. 持病がある私が結婚を望むのは、悪いこと?

  7. 占いで結婚ができないと言われてしまったときの対処法と明るい未来のための…

  8. もはやこれはホラーでしかない。不安な時にやってしまいがちな恋愛の失敗