好きな人は、本当に好きな人?彼はあなたに何かを教えてくれるメッセンジャーかもしれない

憧れている人がいます。でもその人を前にすると、気後れしてしまいます。

好きな人と結ばれたいと思うけれど、自分はなかなか選んでもらえない気がする。
彼には選ばれないと思うと、余計に辛くなる。

こういう時、どうしたらいいでしょうか?という質問を何回かいただきました。

好きな人というのは、必ずしも、好きな人ではないのよ、
と答えると、
多くの方がショックを受けられます。
そんなことないです、本当に好きなんです!!って。

好きな人と思える人は、実は大切なメッセージを運んできてくれているひとかもしれません。

それはどんなことなのでしょう?

そもそも、好きな人が、必ずしも好きな人ではないという意味は

好きな人って、Loveな人だと思ってしまいますよね。
でも実は、
その人の持っている何かを、自分がほしいと思っているだけということが多いようです。

特に、片思いをして、その人と結ばれないことを悲しんだり、
自分のことを必要以上に卑下してしまったり、
彼の前で自信がなくなってしまったり。
エゴメイトの記事でも書いたことですが、
相手と対等に向きあえないのは、エゴが自分を過小評価して、これを得たら私はもっと素敵になれる!と
思い込んだ人を求めているだけだからなんですね。

そんな状態になっている時、好きな人は、決して好きな人ではないのです。

その人が持つ、
自信だったり、魅力だったり、明るいところだったり、友達がたくさんいるところだったり、
楽しそうに生きていることだったり、
その彼の持つ何らかの性質に惹かれているだけなのです。

それはどういう意味かというと、
「私もそうなりたい」
それだけです。

私たちはおかしなことに、その相手に好かれたら、
自分もそれが得られるんだと勘違いしてしまいます。
そんなわけないのにね。

そして自分が憧れるその素敵な人に認めてもらえれば、
自分も素敵になれると思い、彼に好かれなくてはならないと思い込んでしまうのです。

彼にはそんな力はありません。
あなたに、すでに、その可能性があるので、
あなたが自分の本来の姿になれるように努力すればいいだけなんです。

本当は自分を輝かせたい。それだけ。

私に連絡をくださる女性たちは、
本当は、自分がキラキラ輝きたい人と願っている方が多いと感じています。

それなのに、自分が輝くことを抑えてしまっている人はとってもたくさんです。

それにさえ気づけない人もたくさんいます。

好きな人を憧れるように、
そしてもしかしたら、「私なんかこの人には釣り合わない」
なんて、気後れするように見ているとき、

その人を好きだと思い込んでいるかもしれないけれど、
本当はあなたが自分を輝かせたいという意味でしかないと思います。

憧れの人は、大抵自分が持っていないものを持っているから
好きな気がしているだけで、
自分がそれを持ってしまえば、憧れではなくなってしまうことも少なくないんです。

憧れを通して、嫉妬してしまう感じがあるのならば、
それは、間違いなく、あなたが、憧れている人のようになりたいということ。

だからそこを目指せばいいだけなんです。

でもなぜか、そんなことしたら、婚活ができなくなる!と思い込んでしまう人も多いようです。

婚活を成功させるポイントは、「自分らしく生きること」

自分らしく生きることほど、自分をキラキラ輝かせる一番楽な方法はありません。

だから、憧れの人がいて、好きな人がいて、
その人を前にして、気後れしてしまうのであれば、
まずは、自分をキラキラ輝かせることに集中するのが一番だと思います。

そうすると、その憧れの人がこちらに引き寄せられてくるかもしれません。

反対に、
あれ、なんでこの人にこんなにも気後れしていたんだろう?とびっくりすることもあるかもしれません。

好きな人がメッセンジャーだった時、あなたがするべきこと

それは、自分らしく生きること。

よく使われるフレーズですが、本当に重要なことです。

自分を輝かせることができれば、あなたの中の美人が目覚め始めます。

それはあなたの最大の魅力です。

では、自分らしくって?
一体どういうことなんでしょう?

最近よく出てくる言葉ではありますが、自分らしさってわかりにくいですよね。

拙著でもどんなワークでも、私が必ず聞くことは「好きなこと」です。

好きなことや好きなものというのは、
その人かどんなに自分を抑えようとしても、漏れ出てきてしまうような「個性」だと思います。

また、好きなことを大切にしていくことは、自分への一番簡単な愛情表現だとも思います。

そしてそうやって好きなことを大切にしていくと、素の自信が育っていくのだと思います。

だから、自分らしく生きるためには、好きなことが重要なんですが、

もう一つ重要だなと思うのは、好きの反対の、嫌いなこと。

嫌い!!と思うことを自分に許すということです。

大人の生活は、嫌いなものを排除してばかりでは、成り立たないこともありますよね。

だから嫌いなことはやらなくてもいい、とキッパリとは言えません。
そうできたらいい時もあるけれど、その嫌いなことをやることでの学びもあるのだと思います。

もちろん、とーっても嫌なことなら無理せずに、やらないということも大切ですから、
これは自分の心と相談してください。

とにかく、「嫌い」を認めてあげることはとても重要です。

こういうの苦手だな、こういうの嫌いだな、と思う自分を許してあげるんです。

それをOKとできれば、嫌いなことを
「こんなことを言ってるなんて私は子供だ!」なんて言って自分をいじめることもなくなりますよね。

逆に苦手なのに、よく取り組んでいるよねと、自分を褒めてあげるポイントにもなります。

自分らしく生きるためには、
まずは好きと嫌いを大切にしてあげてくださいね。

彼を本当に好きかわかるのは、自分らしくなってから

メッセンジャーの彼は、本当に好きな人かもしれません。

彼はあなたに、
「あなたはもっと輝けるよ。そしてもっと素敵になれるよ。その可能性を信じていいよ」
というメッセージを届けにきただけの人なのかもしれませんが、
これから先は、神様のシナリオ次第。

あなたが、自分の素晴らしさに気づき、彼の前で気後せずに、
楽しそうに振る舞っているのをみたら、
彼があなたに恋する可能性は絶対あります。

その時、ある程度の自信を持ったあなたが、彼のことを好きだと感じられるのであれば、
彼は本当に好きな人です。

好きになること、それはシンプルなようだけれど、
私たちのコンプレックスの穴埋めみたいになってしまうこともあるので、
特にうまく行かずに、自分を卑下してしまいがちになったら、思い出してみてくださいね。

 

今日もお読みくださりありがとうございました。

関連記事

  1. 結婚するために実家を出たほうがいい?でも今さら出るのもね・・・と悩んで…

  2. 持病がある私が結婚を望むのは、悪いこと?

  3. 自分に嫌な面があるのは当然。そのバランスをとってみること

  4. あなたのこれからの人生の始まりを、大切にして、新しいストーリーを作るた…

  5. 誰にも相談できない不倫。これって悪いこと?私の考えです。

  6. どうしてこんなふうになっちゃったんだろうと嘆きたくなった時

  7. 好きな人ができないのは辛いよね。その心理状態とは?

  8. 年齢を重ねても、恋愛だけは上達しないのはどうしてなんでしょう