占いで結婚ができないと言われてしまったときの対処法と明るい未来のための考え方

占いに行ったら、結婚は難しいかもしれませんと言われてしまいました。
もうあきらめるしかないのでしょうか?
本当に結婚できないのでしょうか?

そんな相談をいただきました。

そんなこと言われたところで、結婚をあきらめたくないから悩んでしまいますよね。
でも、占いなどで、未来を教えてもらいたい・・・という思いも当然あるのだと思います。
ここでは、私が占いについて考えることをまとめてみますね。

ほっとできないのなら占いは信じなくていい

占いは、当たるのか?当たらないのか?
と言われたら、当たることもあるだろう、、、という程度にしか私は考えません。
占いで言われるメッセージに、ワクワクしたり、ホッとできるのであれば、心が「YES」と言っているわけですから、
信じていいことです。
でも反対に、不安になったり、絶望感を持ってしまうのであれば、
信じなくていいです。
私たちは信じたいことを信じるほうが、うまくいきますし、人に振り回されないだけの
「自分の軸」を作ることができるようになるのです。

では、悪い結果が出てしまった時、どう考えたらいいでしょう?

私たちは、良くも悪くも、過去の出来事や経験、そこで得られた考え方をベースに、未来を作ります。
どんなに未来を変えたくても、
この過去から培ってきた「自分のあり方」が変わらなくては、未来は変わらないのです。
つまり、未来は、過去の延長になってしまう、ということです。

だから、占いの結果は、「これまでのあなたのあり方で考えると、こういうふうになりやすいですよ」
というメッセージです。

そこで嘆き悲しんではいけませんよね。
そうか、今までの過去の考え方があるから、こういう未来になってしまう、ということなら、
今ここで、これまでの過去を振り返り、もう同じ方法で未来を作らないようにすればいいんだ!と考えられうわけです。

私たちには、それこそ無数の可能性があります。
ですから、占い師が教えてくれた未来のストーリーは、そのうちの一つでしかないのです。
いくらでも、もっと違う未来を描く力が、私たちにはみんなあるのです。

占い師の言葉を真に受けて、そのままそのストーリーを選択することも可能ですが、それをしたくないから
こうやって相談をしてくださっているのですよね。
それなら、過去の考え方のくせを手放して、新しい未来を作る方向に進みましょうね。

 

いい占い師とはどんな人なのか

実はわたし、子どもの頃から占いは大好きでした。
母方の祖父は、九星気学を真剣に学んでいた人でしたので、その影響もたくさんありました。
そのため私の母や親戚は、基本的に何をするのにも、占いに相談をしていたくらいです。
私自身も、占いはかなり信じるほうでした。

でも、これまで私が出会ってきた占い師の人たちのなかには、
明らかにおかしい人もいました。

彼女たちにこそ、問題があるように見えてしまうのです。

それもそのはず。
霊的な力があったとしても、それはそのままその人の精神性が高いと意味するわけではありません。
霊的な力、と言っても、何か見えないものが見えたり、直感が働くことは、あまり特別な力ではありません。
私たちみんなに備わっていることですし、その現れ方が、ドラマティックに何かが見えてしまう人もいれば、
ふと気づくことができる人もいます。
派手な力があると、かん違いしやすいですよね。

ですから、本物の占いかどうかを見極めるためには、その人がちゃんとその人の人生を生きているかどうか。
自分の問題と向き合う強さがあるか、だと思います。

これって、カウンセラーやセラピストを選ぶ時と同じことですね。

 

占いが当たっていないことの例

占いは当たることもあるし、当たらないこともあります。
だから参考程度に受け取るのが一番いいと思います。
たとえ、ものすごく力があるとされている人であったとしても。

私は以前、友人が勧めてくれた、台湾に住むアメリカ人の漢方医のところに行ったことがあります。
彼は脈診で、その人の前世がみえ、そしてその人のミッションなどがわかるという人でした。
彼は穏やかで優しくて、そのメッセージは、私にはとても支えとなる素敵なものでした。

その時私は結婚できるかどうかが不安だったので、当然その質問をしたのですが、
彼は2年くらいかな、と言いました。結果は3年か4年後でしたが。
それよりも、ミッションの方が大事だと、彼は私のミッションについて話しましたが、
当時は私は別のことをしたいと考えていたのです。
「あなたが今やりたい形ではないかもしれないけれど、とにかくあなたがその時に願う方向に進んでいくよ」
というような言い方をされました。
そのほかに言ってくれたことも、私には暖かく響き、今でもそれを支えにしています。

私の友人も、同じ質問をしました。
すると彼は、「うーん、あなたの人生に結婚は重要ではないなあ。結婚しないかもしれない」
と言いました。
友人はショックを見せました。
すると彼は「でもね、人生は変えられるよ。私の姉も結婚できないと占いで言われたことがあるけれど、
結婚したしね。あなたもそうかもしれない。今私に見えるのは、あなたの人生には結婚よりも大切なミッションがあるということだけど、あなたが人生を作ることを忘れてはならないよ」

友人は、結局、私よりも早く結婚しましたーーーー!

彼のメッセージは、当たる当たらないは関係なく、とても優しく私たちの心に残るものでした。

加えていうと、私は姓名判断でも、結婚運がありません。
20代の頃、これから演劇で食べていきたいと願っていた私は、祖父が頼りにしていた先生に
相談に行ったことがあります。
その時に、私の本名の字画があまり良くないから、変えるといいよと言ってもらい、
左知子の字画に変えたのです。その新しい名前でさえも、結婚運だけは悪かったのです。
それもずっと気にはしていましたが、結局関係ないことが分かります。

やっぱり人生は、自分で作るのですよね。

占いについて思うこと、まとめ

占いは、参考にすればいいものもありますが、それに振り回されてはいけません。
何よりも自分には自分の人生を作るパワーがあるのだということを、忘れてはいけないですよね。

信じたいことだけを信じてくださいね。

関連記事

  1. 親の介護と結婚についての悩み。それでも結婚は諦めたくないから

  2. 自分に嫌な面があるのは当然。そのバランスをとってみること

  3. しがみつけばしがみつくほど問題は解決しない。でも初めから問題なんてない…

  4. あなたは恥ずかしい子なんかじゃない

  5. 結婚できていないこと自体がストレスになってしまう時

  6. 大好きな人と、ついにお別れする時がきた・・・

  7. 誰にも相談できない不倫。これって悪いこと?私の考えです。

  8. 好きな人は、本当に好きな人?彼はあなたに何かを教えてくれるメッセンジャ…