コロナを怖がるのではなく、愛から行動できるようになるために

Covid-19コロナウイルスについて、
いろいろな情報が飛び交う中、
私たちは、どこかで、不安を抱えながらも、
大丈夫なのかな?大丈夫そう?と思いながら生活をし、
何が起きているのかよくわからない状態を、ただわからないまま
過ごしているように思えます。

今、私たちは、まるで大きな手に負えない何かによって、
ただ恐怖と不安の中に放り込まれたように見えてしまいますが、

コロナは、私たちに、いろいろなことを気づかせてくれていると
私は思っています。

確かに、世界レベルでこれほど大きなことが、
まるでSF映画みたいに起きていること自体、私たちには受け止めにくいことですが、
それでも、起きていることは、心の内側に見ることができるのです。

今日はこのことについて、真剣に書いてみたいと思います。

こんなにすごいことが世界レベルで起きているのだから、学びがないはずがない

コロナについて、いろいろなメッセージが溢れています。
私はあまりスピリチュアルな視点から語りたくはないですが、
でもこれほど、歴史に残る、世界中に影響を与える大きなことを通して、
人としての学びがないはずがありません。

私たちの今までの考え方を、180度変える必要さえあるのかもしれません。
当たり前だったことは、確実に壊されていきます。

私たちの今までの価値観を変える必要があるのです。

 

その学びとして、私が感じていることは、
本当に大切なことは何かを見極める、
ということと
本当の優しさを理解する、
ということです。

今起きていることは、ずっと前から起きていたこと

今、コロナが私たちに見せてくれていることは、
本当は、ずっと前から私たちが持っていたことなんだと思います。

私たちはいつだって、何かしらの恐怖と不安を抱えて生きていました。
でも、それをちゃんと見つめることを、
ほとんどの人はする必要がありません。

何かでごまかせば、私たちは不安を見つめる必要なんてなくなるからです。

でも、コロナは、その状態を一気に変えました。

困らなければ、人は自分の内側なんて、見つめないのですから、
今こそ、見つめたほうがいいでしょう?

そして、この不安の中、
私たちの生活は、いつだって、「お金と正しいこと」を中心に回っていたのではないかと、
ふと気づけるのではないでしょうか?

そう、私たちは決して、愛を中心に生きてなんかいないんです。

私は偉そうになんて言えません。
私だって、お金がなければ不安になるし、
お金があるから、大丈夫だって思える程度の、貧しい心の持ち主です。

でも、
今、私たちが一番不安に感じているのは、
お金のことで、命のことではないでしょう?

お金がなくては生きていけない。

こんな強烈な思い込みを持ってしまった私たちにとって、
だから仕事に行くことは、当然のことであり、
正しい行いに見えます。

そして仕事をすることが当然という意識があれば、
仕事をしないことで、人に迷惑をかけることは、正しくないことです。

コロナにかかったら、仕事で怒られる!
って、本気で思っている人がいたり、
コロナかも?と思いつつも、仕事で迷惑をかけちゃいけないと思うと、
何も言わずに仕事に行かなくちゃいけない・・・なんてこともあるかもしれません。

そして、コロナになったら批判されてしまう。

なんだか怖い社会ですよね。

奇跡のコースには、素晴らしい問いかけがあります。
「あなたは、正しくありたいのですか?それとも幸せになりたいのですか?」

幸せになりたいはずなのに、
私たちは正しさにこだわってしまうのです。

人の目を気にしちゃう人には、正しさを取ることが重要になってしまいます。

そうすると、その正しさゆえに、
大切なものを選ぶことができなくなってしまうのです。

仕事よりも、家族をとってもいい時もあるはず

他国の支援策を見ていると、
日本にいることがなんだか嫌になってしまいますよね。

ヨーロッパにいたときに、いつでもいいなと思えていたのは、
自分の権利を主張できることでした。

でも日本は、和を乱さないことが重要なので、
主張することを奨励されてきていないですよね。

 

子どもはあまりかからない?本当に?

でもかかっている子どもがいるでしょう?
私は子どもにリスクがあるのなら、やっぱり子どもを幼稚園にいかせたくないと、
普通に思います。


休校になったら、急いで子どもを預ける場所を探す・・・

それはそうですよね。
本当は間違っていないです。
仕事もしなくちゃ、お金がもらえないし、お金がなかったら困るし、
仕事で迷惑かけられないし。

 

でも「仕事をすることが当たり前」から少し抜けてみるという
勇気が必要なのではないかと思います。
それくらい、他国の人たちは、命を優先しているのだと思います。

だからこそ、私たちはもっと補償を求めて声をあげたほうがいいだろうし、
仕事をすることが当たり前、という思い込みを手放したほうがいいと思うのです。
(もちろん、この非常事態に必要とされる仕事をしてくれる方々がいることも、すごく感謝しています)

本当に大切なものを選べるのなら、
間違いなく、家族を選ぶはずです。

 

お金がなくては困りますよね。
でも健康に生きていくことが、一番重要ですよね。
生きていれば、きっと私たちは乗り越えるから。

だって、戦後焼け野原の中、茫然と立っていた日本の先祖たちは、
そこから日本をすごい国にまでしてくれたんですよ。

戦争ともたとえられているのは、
それくらい、命を優先させたいからだと思います。

 

正しさの前に、私たちは、本当に大切なものを選べなくなっている気がするのです。

はっとさせられました。

私も結局のところ、
お金と正しさが中心で生きている、エゴエゴの人間の一人ですから。

考えてみれば
「仕事だから、子どもを預けるのは当たり前」になっていたし、
それが正しいことだと思っていたし、家族のためだと思っていたけれど、
子どもの目線から見たら、全然嬉しいことじゃないはず。

いつもは、それでなんとかなるけれど、
もしかしたら、命に関わるかもしれない?となった時、
私はお金よりも正しさよりも、大切なものと幸せを取らなくちゃいけないんだと
気づかされました。

そのために、
私たちはもっと大切にされるべきだと、これから主張する必要もありますよね。

国が親で、国民が子どもなら、
残念ながら、私たちは、親にあんまり大切にされていません。

私たちの親が、正しさとお金を大切にしすぎているから。
その結果、正しくあって、お金が稼げれば、幸せになれるかもしれないけれど、
そこから外れると、過酷な人生になってしまうかもしれないのです。

そしてね、こういう、あんまり優しくない社会では、
意地悪な人もたくさん出てきます。

だから、支援金の話が出たら、
この職業の人に税金あげるのはよくないなんて、言い出す人もいたりする。

私たちはみんな、平等だなんて、どうやったら信じられるんでしょう?

そこにいるだけで、それだけで、あなたが価値のある人ですよなんて、
私たちの親は言ってくれていない。

コロナでわかったわけじゃない。
お金と正しさから生じる苦しみは、本当はずっと前から起きていたことです。

私たちがみんな大切にされるべきだということを、私たちが認めて、
「親」に訴えるためにも、本気で本気で本気で考えなくちゃいけない時がきていると思います。

日本がアメリカに支払っている思いやり予算とか、
使えるものはたくさんあるはずよね???

 

本当に大切なことは何かが、今問われている

コロナの怖いところは、
私たちが無自覚、無症状で感染してしまい、誰かにうつしてしまうことだと思います。

そして世界中で行われていることには、
このハイリスクと言われる20%の人たちを徹底的に守ると言う意思を感じます。

それこそ、私には「正しいこと」に聞こえますが、
お金と正しさが中心の世界では、

経済を回すことが重要なようにされてしまいます。

特に、ハイリスク者がそばにいなければ、気にもしないでしょう。

80%の中にいて、特に無症状なんだったら、経済の心配をしたいでしょう。

私だって、周りにハイリスク者がいなかったら、ここまで考えなかったかもしれません。

自分はどうなってもいいけれど、
誰かのために、用心するというのは、
本当に大切なものをちゃんと考えてこなかった私には、
衝撃的な新しい考え方でした。

考えてみてくださいね。
家族には、結構無理させたり、甘えてしまうことってあるじゃない?

仕事だから疲れているから、家事したくないわ、
洗濯しといてね、、、
って、独身で実家暮らしだったときの私は、かなり親に甘えていました。
親を大切にしていないわけではないけれど、
空気のように当たり前の存在だった親のことを一番に考えるなんてこと、
全然せずに、
私の世界の中心は間違いなく自分でした。

そしてその時は、それでもちろん良かったかもしれないし、
これからも、元に戻ってしまうかもしれません。

でも、今、子どもを親に預けて仕事に行こうなんて思えません。

子どもにも、親にも、リスクを高めてしまったら、大変です。

今私が本当に大切にしなくちゃいけないのは、
そばにいる人という、当たり前のことだったのに、
その大切さを軽んじてきた・・・というのに気づき、私は正直、恥ずかしい気持ちにさえなりました。

 

「20%の人たち」はいつだって存在していたし、これからも存在する

自然災害の多い日本にあっても、
私はラッキーにも、今まであまり影響を受けずに生きてくることができました。

何かが起きても、誰かの話であり、
もちろん、手助けしたいという思いが生まれてきたとしても、
やはりどこか人ごとでした。

でも、今回は、本当に自分のこととして受け止めています。

そうすると、気づけることが増えます。

たとえばエイズ患者の方も、
差別を受けている特定にグループも、
障害のある方も、
仕事ができずに苦しんでいる方も、
ある場面では、「20%の人たち」(本当のパーセンテージではなく意味合いとして)なんだと思います。

私たちの周りにずっといるのに、全然見えていなかったことです。

そして、コロナが収束したとしても、
どこかで「20%の人」は存在し続けるのです。

そんなことに思いを馳せたことがなかったことにも気づきました。

もしかしたら、私の家族の誰かが、自分が、「20%の人」になるかもしれないのに。

でも私たちは、自分がそのカテゴリーに入っていない時、
人ごとのようにしか考えられないし、心からの優しさを向けることに欠けています。

感染した人を差別するなんて、あまりにも意地悪すぎますよね。
自分だって、そうなるかもしれないのに。

コロナが教えてくれているもう一つのことは、
いつだっている「20%の人たち」の生活を想像してみること、自分もその「20%の人たちになりうる」と知り、
そこに優しさを向けることではないかなと思います。

 

飢餓がなくならないのは私たちに愛がないから

以前、マリアン・ウィリアムソンのレクチャーを聞いていた時、
「アフリカなどの国々で、飢餓がなくならないのは、私たちに愛がないから」
と言っていたことを聞き、衝撃を受けました。

え、そしたら、世界中の人が、愛を持ったら、飢餓はなくなるの?

そんな日が来るかどうかわかりませんが、そう考えると、確かにそうですよね。
愛から行動していたら、今とは180度違う世界になるはずだから。

奇跡のコースでは、
起きていることは全て幻想ですが、その幻想は、私たちの心の投影だと言われています。

これだけ大規模な現象なので、
自分一人の心の投影というよりは、集合意識の投影ではあるとしても、
それでも私もその一端を担っているわけです。

私の中に、誰かを憎む気持ちもあるでしょう。
私の中に、何かを恐れる気持ちもあるでしょう。

私の中に、愛がないから、飢餓もなくならないし、
私の中に、恐怖があるから、コロナに力を与えてしまっているのかもしれません。

私のせい、と自分を責める必要はなく、
自分の中に、恐怖や愛のなさがあることを認識し、
それを愛と平和に変えていく・・・それだけが、私たちができることだと思います。

それが今、コロナという大きな現象を前にして、
私たち一人一人が、向き合う課題なんだと思うのです。

本当に大切にしたい、自分と自分の家族、自分の夢。
そのために、勇気を持って、必要なことを声に出すこと。
もう少しだけ想像力を働かせて、隣の人に優しくなること。

 

今できること、それは、隣にいる人に愛を向けること

マザーテレサのお話を思い出します。

日本人の女の子たちが、彼女のもとにボランティアに行った時、
マザーは、彼女たちに、すぐに日本に戻り、家族に愛を向けなさいと言った・・・というお話です。

マザーは、貧困も飢餓も、愛の問題だとわかっておられたからでしょう。

 

結局は、全て、心の問題です。

私たちみんなの心に、愛と優しさが満ちていれば、
不安に飲み込まれて、正しさを優先させなければ、
私たちの世界は一変するはずなのです。
愛からの行動は、お金と正しさを中心に回っていた世界を変えてくれるのです。

そして、その愛と優しさを向けるべき存在は、そばにいる人、それだけです。

そのためには、コロナも、自分の心の問題としてみたほうがいいと思うのです。

本当に大切なものを見失っていない?
お金よりも、正しさよりも、大切なものがあることを、思い出せる?

本当の優しさって、ちゃんとわかっている?

って。

不安からではなく、愛から行動すること!

正しく恐れてください、
とテレビなどでも言われますが、
確かな情報がない中、正しく恐れることも難しいですよね。

いろいろな情報がありますが、
でも確かなことは、
私たちはいつでも、不安からではなく、愛から行動ができるということです。

自分を我慢させる必要はなく、
自分にも十分に愛を向けてあげて、
そしてその上で、自分が大切にしたいものを、大切にできるように、行動をすればいいのだと思います。

怖いから、家にいるのではなく、
自分と誰かを守るために、家にいると考えるほうが、
ずっと心に力を感じませんか?

そして、私は毎日、コロナの収束のために、お祈りをしています。
私たちが、親という国から助けてもらえるようにも、お祈りしています。
必要なところで、声をあげようと思います。

自分というかけがえのない存在のためにも、自分にも愛を向けて、
自分とつながるいろいろな方に愛を向けて、
この時間を一緒に過ごしませんか。

経済もきっと今までにないほど、大変なことになるでしょう。

でもきっと、この危機を乗り越えて、さらに深い気づきを得て、
新しい方法を見つけ出し、大切なものを大切にできるようになり、

私たちはまた立ち上がれるはずです。
愛を中心にする世界の中にいれば、必ずいい解決策につながるのですから。

愛を込めて。

今日もお読みくださりありがとうございました。

関連記事

  1. コロナ離婚を防ぎたい!そう願うあなたに考えてほしい結婚の本当の意味

  2. 女性たちは、本気で性について考え、自分に誇りを持った方がいい。伊藤詩織…

  3. 志村けんさんの死は、女性性の時代にどんな意味を持つのだろう?

  4. 現代女性にとってのHOMEとは

  5. 結婚ができないのは怖いから?ついに覚悟を決める日がきた!

  6. コロナ対策がよくできているように思える国のリーダーは、女性ばかり。それ…

  7. 前例がないから進めないのではなく、私たちはその前例を作っていくんだよ

  8. 男性が気持ち悪い・・・。女性として我慢してきたことは、私たちの結婚を邪…